外国人技能実習生

 平成28年より公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)が主管する

「外国人技能実習制度」に取り組み始めました。
 

 この制度は、滞在期間が最大5年間と定められている中で先進国の

技能移転をはかり、開発途上国等の経済発展の担い手となる人材育成を

目的とした制度です。
 

 弊社では最大9人の受け入れが可能であり、円滑なコミュニケーションを取り、

作業の効率化に向け週一回の勉強会を実施しております。
日本語能力試験(N検)を受け、将来的に日本で働きたいと非常に意欲的な

実習生もおります。


 これまで現場に携わる方々のご理解とご協力のもと、技能実習生たちの育成を

行なえております。
実習を終え母国へ帰国した際には、優秀な人材として活躍すると確信しております。
これからも実習制度を通じ、日本の技術・技能・精神を伝え国際社会に貢献して

まいります。